電報



電報(でんぽう)とは、電信を用いた文書(「電文」という情報)の配達サービスである。郵便による信書より高速に通報出来る。 一般に電話が普及するまでは、肉親の危篤などの緊急連絡手段に用いられていたが(古い邦画に危篤などの緊急連絡を知らせる電報が配達されるシーンがあることが多い)、1960年代の電話・1980年代後半のファクシミリ・1990年代後半より携帯電話やインターネットの電子メール(Eメール)の普及により、緊急連絡に用いられることは少なくなり、多くは冠婚葬祭での祝電や弔電用に使われている。 また、電文の伝達手法も、モールス信号で多くの電報局を人手による解読で中継する方式から、テレタイプ端末と交換機による電報局間自動中継を経て、ISDNパケット通信による配達委託先への直接伝送・印刷が使用されるようになり、人員の合理化も進んだ。 2006年1月末には、米国のウエスタンユニオンが電報サービスを廃止した。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



産後ダイエット 上野クリニック やずや 黒酢 精力剤 通販 白内障 無添加 シャンプー 肩こり プラセンタ ダイエットサプリ リンパマッサージ

Copyright (C) 2007  電報文例解説.NAVI All Rights Reserved.